弘前観桜会100周年を記念して昨年4月、歌手の川中美幸さんが弘前公演で披露した「津軽さくら物語」。この曲を藤崎町の常盤小学校スクールバンドが、22日に八戸市で開かれる第41回マーチングバンド・バトントワーリング県大会で演奏する。この歌の詞は平川市の認定こども園園長が桜を愛した亡き親友への思いをつづったものとあって、児童は桜に思いを重ねた人々の物語をパフォーマンスを通じて表現しようと、練習に励んでいる。
【写真説明】大会で使用する桜の風景のパネルを背に、熱心に練習する常盤小スクールバンド

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。