老若男女、障害の有無などにかかわらず一緒に歌を楽しむ合唱団「ひろさきユニバーサルコーラス」(神馬恭子代表)の結成15周年記念コンサートが17日、弘前文化センターで開かれた。出身地、参加動機、音楽経験もさまざまな20代から80代までの団員33人によるハーモニーが、約220人の聴衆を魅了した。
 コンサートは3部構成。第1部は今年練習した曲から「Stand Alone」など四つの合唱曲を披露。第2部は弘前市の作曲家・木村繁さんの合唱曲集「津軽の旋律」から5曲を歌った。第3部では井上さんの指揮で、来場者も一緒に歌声を響かせた。節目の特別イベントとして、9月が誕生月の来場客を会場全体で祝った。
【写真説明】団員、来場者が一緒に歌声を響かせたコンサートの第3部

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。