青森地域社会研究所が県内の給与所得者を対象に実施した「残業時間に関するアンケート調査」によると、1カ月平均の残業時間は「10時間以内」が最も多い37・2%だった。全体的に極端な長時間残業は見られなかったものの、公務員や製造業で長時間残業の傾向がみられた。残業の原因は「業務内容の多様化・複雑化」「人員に比べ業務量が多い」が多く挙げられた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。