県内各地のゆるキャラが相撲で真剣勝負する「第6回青森県ゆるキャラすもう大会」が17日、つがる市柏のイオンモールつがる柏で開かれた。決勝ではつがーるちゃん(つがる市)がねばっち(十和田市)を破り、悲願の初優勝を飾った。
 県内の特産品や魅力をPRしようと、有志で組織する「全国ゆるキャラすもう大会実行委員会」(荒谷政志実行委員長)が主催。今年は22体のゆるキャラが相撲に参加し、激しい押し合いや投げなどで熱戦を展開した。
【写真説明】大会決勝に挑んだつがーるちゃん(中央)は、ねばっちを土俵際でつかみ押し倒した

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。