県産米「青天の霹靂(へきれき)」の収穫作業が15日、津軽みらい農協特A米プレミアム研究会の工藤憲男会長の技術普及拠点圃(ほ)=平川市西野曽江=で行われた。中南地域の拠点圃では最も早い稲刈りとなり、工藤会長は「よく成長しているので食味もいいだろう」と期待を寄せた。
 県中南地域県民局農業普及振興室によると、中南地域管内の青天の霹靂の生育状況は、低温や日照不足などの影響で穂数が若干少なく、もみ数が少なめの圃場があるが、収量に大きな影響はないという。
 【写真説明】工藤会長の拠点圃で刈り取りが進められる「青天の霹靂」=15日、平川市西野曽江

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。