経団連の中西宏明会長が2021年春以降に入社する学生への会員企業の採用活動に関し、統一ルールを廃止する意向を表明した。突然の表明を受け、就職・採用活動ルールをめぐる議論が活発化する中、県内の学生の間では不安や期待の声が交錯する。大学側からは学生の混乱を危惧する声が上がるほか、人手不足に悩む中小企業側は一定のルールを求めるなど、県内にも波紋が広がっている。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。