弘前市議会定例会は11日、小田桐慶二(自民・公明・憲政)、石山敬(同)、木村隆洋(同)、外崎勝康(同)、石岡千鶴子(無所属)の5氏が一般質問を行った。櫻田宏市長ら理事者側は(1)景観まちづくり刷新支援事業を見直し、解体保存中の弘前教会牧師館復元と旧市立図書館の移設を中止。老朽化した旧市立図書館は現在地で改修するが、解体が必要なため移築同様の2億8000万円程度を要する(2)市営住宅は高齢者単身世帯が増加し、単身世帯用の待機者数は54世帯―などと答弁した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。