五所川原農林高校(菊地建一校長)で10日、農産物の国際認証規格「グローバルGAP」取得に向けた模擬審査が行われた。2015年に国内の高校で初めてグローバルGAP認証を取得した同校は今年、これまで取得してきたリンゴやコメ、メロンのほかジャガイモでも審査を受けることになっており、生徒らは本番さながらに真剣な表情で臨んだ。
 本審査は20、21日に行われる。
【写真説明】GAP取得に向けて行われた模擬審査

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。