霊峰岩木山に五穀豊穣(ほうじょう)や家内安全を祈願する津軽最大の秋祭り「お山参詣」が8日から、3日間の日程で始まった。「向山(むかいやま)」と呼ばれる初日は、曇りがちの天気となったが、岩木山神社は参拝客でにぎわい、岩木山も出迎えるかように山頂までくっきりと姿を現した。
 9日の宵山では、御幣などを掲げながら弘前市岩木総合支所から同神社まで練り歩く体験ツアー「レッツウォークお山参詣」が行われるほか、同神社で登山囃子(ばやし)本大会が開かれる。朔日山の10日は、参拝者がご来光を拝むために未明から山頂を目指す。
【写真説明】初日の向山では、参拝者を歓迎するかのように岩木山の山頂までくっきり見えた

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。