黒石こみせまつりが8日、黒石市の中心街で開幕した。藩政時代の趣を伝える「こみせ通り」などを会場に、食や文化、手工芸品などに触れられる出店や催しがあり、多くの家族連れらでにぎわっている。9日まで。
 こみせ通りを歩行者天国として繰り広げる、市民が主役の文化祭として親しまれている。「和服でそぞろ歩けば、ほのかに香る江戸情緒」がテーマで、浴衣や着物に身を包んだ来場客の姿も見られた。
 9日は午前10時~午後4時で、正調黒石ねぷたばやし演奏、高校生演歌歌手田中けいとさんの特別ステージ、黒石商業高校の樽太鼓演奏が予定されている。
【写真説明】藩政時代の雰囲気を残すこみせ通りなどを会場に開かれた黒石こみせまつり

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。