弘前地区と南地方の中学校体育大会秋季大会の水泳競技が7日、平川市の屋内プールゆうえい館で行われた。
 弘前地区では、男子で弘大附属の村田成と一戸陽仁がそれぞれ個人3種目を制し、400メートルのリレーとメドレーリレーを含めて5冠を達成。女子は200メートル背泳ぎで浅利夕蘭(弘前三)が大会新の2分28秒21で優勝した。
 南地方では、男子は200メートル平泳ぎで齋藤汰気(田舎館)が大会新を記録し、連覇を果たした。田舎館は400メートルのリレーとメドレーリレーでも大会新を打ち出した。女子は奈良岡志穂(平賀西)と中野天彩奈(碇ケ関)が、それぞれ個人3種目を制した。
【写真説明】女子200メートル背泳ぎで2分28秒21の大会新をマークした浅利夕蘭(弘前三)=平川市屋内プールゆうえい館

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。