第66回弘前市小学校連合体育大会が7日、市運動公園陸上競技場で行われた。児童はクラスメートや保護者らの応援を受け、4種のトラック競技で競い合い、体操やダンスで一糸乱れぬ演技を披露して会場を沸かせた。
 市小学校体育研究会(会長・工藤信敬福村小学校長)が主催し、今年は5、6年生2709人が競技に参加。開会に先立ち工藤会長が「『夢は努力から』という言葉を忘れず、支えてくれる人たちに感謝し、競技を頑張ってほしい」と激励した。
 この日は空が厚い雲に覆われ、時折小雨も降ったが、400メートルリレーや800メートル走で自慢の健脚を見せ、第1制定体操では伸び伸びと体を動かした。
【写真説明】400メートルリレーで健脚を競った児童たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。