県教委教育政策課によると、北海道で地震が発生した6日、県内の28小学校が修学旅行で道内に滞在していた。参加児童762人、引率の教職員104人にけがはないという。停電や交通状況などを踏まえ、ほとんどの学校で当初の計画を変更。7日に帰る予定を早め、6日夜にフェリーで帰青した学校もあった。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。