8月に石川県で開かれた「第13回若年者ものづくり競技大会」のロボットソフト組込み職種(1チーム2人)で、弘前工業高校情報技術科3年の佐藤辰星さん(17)=弘前市=、山口舞斗さん(18)=平川市=と、弘前東高校情報科3年の萩野滉記さん(18)=弘前市=、水口元稀さん(18)=平川市=の4人が敢闘賞を受賞した。
 大会は厚生労働省、中央職業能力開発協会が主催し、20歳以下の若年者のものづくり技能向上と人材育成を目的に毎年開催している。今年は8月1、2日に金沢市の県産業展示館を主会場に、363人が15職種に挑んだ。このうち、ロボットの動作をプログラミングする「ロボットソフト組込み」職種には25チーム50人が参加した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。