第42回全国高校総合文化祭「2018信州総文祭」(長野県、8月7~11日)放送部門の都道府県別総合で、最高賞に当たる文部科学大臣賞を受賞した本県の生徒たちが4日、三村申吾知事を訪ね受賞を報告した。
 放送部門はアナウンス、朗読、オーディオピクチャー、ビデオメッセージ、特設されたCMの5部門から成り、本県からは6校15人が出場。本県が同部門で文部科学大臣賞を受賞したのは初めてで、朗読部門では木村瑞希さん(弘前3年)、アナウンス部門は菅原菜々美さん(明の星3年)がそれぞれ優秀賞に輝いた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。