非常に強い台風21号は3日夜、鹿児島県・種子島の南東海上を北上した。4日午前にも四国か近畿、紀伊半島付近に接近・上陸し、近畿・北陸を縦断して夜には日本海へ進む見込み。本県には4日夜から5日未明にかけて最接近するとみられ、津軽地方では4日夜から警報級の暴風が吹く可能性がある。青森地方気象台などは「明るいうちに台風への備えを」と暴風や高波、大雨に厳重な警戒を呼び掛けた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。