非常に強い台風21号は4日夜遅くから5日未明にかけて本県に最接近するとみられる。暴風となる見込みで、収穫前のリンゴへの影響が懸念される。リンゴ生産量日本一を誇る弘前市内の園地では3日、台風が近づく前に早生(わせ)種「つがる」の収穫作業に追われる生産者の姿が見られた。県りんご協会は、防風網の点検の実施や枝折れの被害を防ぐため支柱を入れるなどの事前対策を講じるよう呼び掛けている。
【写真説明】台風21号が近づく前に、リンゴ園地では適期を迎えた「つがる」の収穫作業が進められた=3日午前9時20分ごろ、弘前市悪戸

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。