県漆器協同組合連合会(石岡健一会長)は3日、津軽塗後継者育成研修事業の開講式を、弘前市伝統産業会館で開いた。新たに研修生となった3人が津軽塗の知識と技術の習得に向け、約3年半にわたって研さんを積む。
 研修事業は、津軽塗の担い手育成を目的に2007年度にスタート。津軽塗伝統工芸士会の職人が講師を務め、津軽塗の歴史、木地作りや塗りの技術などを基礎から学ぶことができる。
 新たに研修生となったのは、いずれも市内在住の木村崇宏さん(33)、佐々木史生さん(38)、鈴木淳子さん(42)の未経験者3人。弘前職業能力開発校内の研修所で週3回、先輩2人と一緒に研修に臨む。
【写真説明】岩谷さん(左)から津軽塗の歴史について講義を受ける(右から)鈴木さん、佐々木さん、木村さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。