県内の土地改良関係の女性職員で組織する女性団体「あおもり水土里ネット女性の会」が3日、発足した。講演会や研修会などを通じて会員間のネットワークを確立することで、農村整備分野での女性の活躍を推進していく。
 女性団体は、農業用水路や農道といった農村整備をする土地改良事業を進める上で、女性ならではの感覚や視点を生かした事業を進めて「豊かで競争力ある農業」と「美しく活力ある農村」を実現することが狙い。全国でも女性の会を立ち上げる動きがあり、本県は10県目になる。東北地方では宮城県に続き2県目。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。