伝統芸能「津軽獅子踊」の魅力を発信し、郷土愛を醸成しようと、「津軽獅子踊シンポジウム」が2日、平川市文化センターで開かれた。会場を訪れた市民らが演舞を見たり、ディスカッションに耳を傾けたりして津軽地方の各地で受け継がれる獅子踊に理解を深めた。
 シンポジウムは市連合獅子踊保存会の主催、県獅子踊保存会が共催し、3部構成で「津軽に伝承される獅子踊りの歴史や意義を探る」をテーマに開かれた。
【写真説明】津軽獅子踊の演舞などが披露されたシンポジウム

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。