県りんご協会(藤田光男会長)は、リンゴ黄色品種の収穫適期の目安になる「県標準カラーチャート」のシールを作り、商品化した。基になった標準カラーチャートは果実表面の色で収穫時期の判定が難しい黄色品種の品質向上を図るため、県産業技術センターりんご研究所が以前作製したもの。協会はより手軽に利用できるよう「きおう」「トキ」「星の金貨」「シナノゴールド」の4品種に対応する色の指標をシール化した。3色各2枚組の1シートを税込み200円で販売している。
【写真説明】県りんご協会が販売しているリンゴ黄色品種の「県標準カラーチャートシール」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。