弘前実業高校(福士広司校長)服飾デザイン科の3年生によるファッションショーが2日、弘前市の中三弘前店で開かれた。総勢39人の生徒が3年間の集大成を披露した。
 25回目を迎えた今年の同イベントのテーマは、壮大な物語という意味の「Saga(サーガ)」。同校100周年の節目に開くショーで、新しい物語を始めるのは自分たちだという思いを込めた。
【写真説明】3年間の集大成をアピールしたファッションショー

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。