道路橋やトンネルなどの定期点検がスタートして今年度で5年目。点検は5年で一巡するよう義務付けられており、対象となっている7000カ所以上の橋やトンネルなどの点検が一巡する見込みだ。道路インフラの維持管理については各道路管理者で構成する県道路メンテナンス会議などで必要な情報共有や連携ができる仕組みづくりが進められており、今年度は新たにアドバイザーチームを設置し、施設の点検や保全に関する個別の疑問、相談に対応する。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。