弘前市に関わりのある6人のアート作家が3会期にわたり2人ずつコラボレーションで作品を展示する「ひろさき美術館3―コラボ×コラボ×コラボ―」(弘前アートプロジェクト実行委員会主催)が1日、同市のギャラリーまんなか(弘南鉄道中央弘前駅内)で開幕した。同ギャラリーが目指す“美術的視点を通した弘南鉄道大鰐線の活性化―”を体現するように、地域とアートのコラボ展を披露する。
 同展のパート2は11日から17日までで、塚本さん(彫刻)と蟻塚学さん(建築)、パート3は19日から24日までで、木村顕彦さん(アッサンブラージュ)と渡辺由里香さん(同)が展示する。開場時間は各パートとも午前11時から午後7時(最終日は同5時)まで。入場無料。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。