今年の全国高校総合体育大会(インターハイ)のバレーボール競技で優勝した、下北沢成徳高校(東京都)3年の野呂加南子さん(18)=つがる市出身=が8月31日、つがる市役所を訪れ、福島弘芳市長に活躍を報告した。野呂さんは「日の丸を付けられたら」と将来の日本代表入りにも意欲を見せた。
 野呂さんは同市木造福原出身。東京都に住んでいた小学4年の時にバレーボールを始め、同市に戻った翌年からは稲垣ジュニアクラブなどで活躍。稲垣中学校でも活躍し、同校を全国中学校大会の16強に導く原動力となった。
 【写真説明】福島市長(左)に大会で獲得したメダルを見せる野呂さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。