弘前大学と連携する函館短期大学付設調理製菓専門学校が、生産量日本一を誇る本県カシスをふんだんに使った「あおもりカシスフルコース」を開発した。健康食材として知られる一方で、酸味が強く料理への活用には難度が高いとされるカシスを、青函圏域の〝食〟のプロが連携して、フルコースすべての料理に取り入れた。31日、弘前市の弘前大学で開かれたお披露目会には関係者ら約30人が出席し、カシスのさらなる普及、消費拡大に期待を寄せた。
【写真説明】ふんだんにカシスを使った料理を提供する「あおもりカシスフルコース」。メインは本県産カモ胸肉にカシスと赤ワインのソースを絡めた料理

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。