常勤医2人体制で今年6月、深浦町広戸地区に開設された深浦診療所に、9月10日から3人目の常勤医が着任することが分かった。50代男性で、総合診療医として内科と外科のほか、これまで診療科目になかった小児科と耳鼻科、皮膚科にも対応する。特に小児科は鯵ケ沢町や秋田県能代市など近隣地域の医療機関に頼っていただけに、子育て世帯の負担軽減につながりそうだ。新たな常勤医着任が決まったことにより、深浦町は医師公募を一時中断している。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。