県内4カ所で自動車学校を運営する弘前市のムジコ・クリエイト(新戸部洋輔社長)は20日、同市和泉の弘前モータースクールで、今夏に開校したドローン(小型無人機)スクール「青森ドローンスクール」の開校式典を開いた。関係者がドローンの操縦者育成や多分野への利活用に期待を寄せたほか、デモンストレーション飛行も行われた。講習は10月にスタートする予定。
 同校は無料説明会を8、9月に開催後、10月に第1期の講習をスタートする予定で、受講料は24万円。受講者は4日間のカリキュラムで操縦技術や法規などを学ぶ。座学は弘前モータースクール、実習は岩木B&G海洋センターで行い、修了後はJUIDAが発行する「操縦技能」「安全運航管理者」のライセンスを取得できる。
【写真説明】ドローンのデモンストレーション飛行に挑戦するニャモタン

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。