板柳町の恒例行事「りんご灯まつり」のメインイベント、りんご山笠(やまがさ)の運行が10日、町内で行われ、掛け声とともに勢いよく運行された色鮮やかな山笠が夜の町を彩った。
 祭りは豊作などを祈願するもので、今年は町内の青年団など3団体がリンゴをイメージした山笠を運行した。
【写真説明】「ノレサ、ソレサ」の掛け声とともに運行されるりんご山笠

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。