黒石商業高校生考案の津軽系こけしを駒にしたチェス“こけス”の世界大会が9日、黒石市の松の湯交流館で開かれた。小中学生12人が参加し、優勝を目指して真剣な表情で“こけス”を指した。
 大会は、こけス考案を指導した同校元教諭の今金雄さんが主催。こけスを広く周知、普及したいと開いており今年で9回目となる。
【写真説明】真剣な表情で“こけス”を指す子どもたち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。