第34回わんぱく相撲全国大会(7月29日、東京)に出場して2位を獲得し、「わんぱく大関」となった鯵ケ沢町の舞戸小4年小笠原広祐選手が6日、町役場を訪れ、平田衛町長に結果を報告した。今月中旬に開かれる卓球と相撲の東北・全国大会に出場する同小児童4人も共に訪問し、「優勝を目指す」などと意気込みを語った。

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。