国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(平野俊夫理事長)は11日、六ケ所核融合研究所(六ケ所村)に新たに導入したスーパーコンピューター(愛称・六ちゃん―2)の運用開始式を行った。核融合研究開発に特化したスパコンとしては世界最速を誇る。同研究所で2012年に導入し、16年末に役目を終えた従来機の2倍以上の計算能力で、計算に要する時間を4分の1にまで短縮できるなど、核融合研究のさらなる加速・進展が期待される。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。