長野県で開かれる第42回全国高校総合文化祭「2018信州総文祭」に参加する本県生徒の出発式が11日、青森市内で開かれた。参加生徒266人のうち67人が出席し、練習の成果を発揮することを誓った。
 全国高総文祭は「みすずかる信濃に若木は競い森を深める 山脈(やま)渡る風に種子(たね)を拡げて」をテーマに、8月7日から同11日まで長野県内17市町村を会場に28部門を実施。本県からは17部門に27校が参加する。
【写真説明】全国高総文祭での活躍を誓った生徒ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。