第100回全国高校野球選手権記念青森大会は第3日の11日、弘前市のはるか夢球場など県内4球場で1回戦11試合が行われた。
 はるか夢球場では弘前と五所商の津軽勢が激突し、集中打で得点を積み上げた弘前が勝利を収めた。青森市営球場では五所工がサヨナラ勝ちで黒石商との接戦を制した。弘前南は板柳に完封勝ち。木造は九回に大量失点し、八戸高専に逆転負けを喫した。八戸長根球場では五所川原が終盤に追い上げ、むつ工にサヨナラ勝ち。六戸メイプルスタジアムでは東奥義塾が序盤で柏木農を突き放し快勝。聖愛は三本木農をコールドで下した。
 第4日の12日は県内4球場で1回戦3試合、2回戦8試合が行われる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。