世界中の尺八奏者らが流派や国籍の垣根を越えて交流を深め合う「ワールド尺八フェスティバル」(8月1~4日、開催地ロンドン)に弘前藩に伝わる「根笹派大音笹流錦風流尺八」(錦風流尺八)の県技芸保持者である山田史生さん(弘前大学教育学部教授)と須藤脩鵬(しゅうほう)さん(弘前市出身、和歌山県在住)が招待参加者として出演する独特の音色などで海外での尺八人気が高まる中、200年間途絶えることなく受け継がれてきた錦風流尺八は「尺八界のレジェンド」(山田さん)のような存在として注目されているという。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。