今年の新作大型立佞武多「稽古照今(けいこしょうこん)・神武天皇、金の鵄(とび)を得る」の面書き割りが10日、五所川原市の立佞武多の館で行われ、制作者の福士裕朗さんが真剣な表情で筆を運んだ。
【写真説明】両目が書き入れられ、魂が宿った「稽古照今・神武天皇、金の鵄を得る」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。