9日に青森市営球場で開幕した第100回全国高校野球選手権記念青森大会で、三沢市出身の元プロ野球選手太田幸司さん(66)が三沢のユニホーム姿で始球式を行った。49年ぶりに同球場のマウンドに登ったという太田さんは「久しぶりにこれほどの緊張感を味わった」と振り返ったが、放られた球は少し高めに浮きながらも見事キャッチャーミットに収まり、観客席から拍手が湧いた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。