弘前市元長町の養生幼稚園(齊藤弘子園長)は8日、毎年恒例のねぷた運行を行った。爽やかな夏空の下、園児らは威勢良く「ヤーヤドー」の声を響かせ、沿道に詰め掛けた市民を楽しませた。
 同園は1950年からねぷた運行を行っており、今年で69回目。この日は園児96人と保護者、卒園生ら総勢約400人が参加し、同園前から一番町、桜大通り、下白銀町、本町を巡って同園に戻る約1・5キロのコースを練り歩いた。
【写真説明】「ヤーヤドー」と声を出しながらねぷたを引く園児ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。