弘前市土手町に、ガラス張りのおしゃれなスペースがある。コラーニングスペース「HLS弘前」だ。昨年4月に開業して以来、学生や社会人が作業場として利用したり、イベントやセミナーの会場になったりと、さまざま活用されている。管理運営する「BOLBOP」の辻正太さん(36)は、コラーニングスペースが学生にとっては学習や自身の将来を考える場であり、社会人にとっては視野を広げる場となってほしいと期待している。
 同施設の利用料は2時間500円、1日1000円だが、学生は登録すれば無料で使い放題。パソコンやスマートフォン充電用電源、無線通信Wi―Fi(ワイファイ)も使えて飲食自由。
【写真説明】ガラス張りで明るく開放的なコラーニングスペース

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。