七夕の夜は五所川原で友人たちと料理を囲もう―。第6回五所川原バル街が7日、五所川原市の中心市街地で開かれ、参加者が各店自慢のピンチョス(小料理)や飲み物を味わいながら、ひとときのうたげを楽しんだ。
 五所川原バル街実行委員会(木元猛実行委員長)が主催。市内外や北海道から計42店舗の飲食店が出店し、同市出身のシンガーソングライター・新谷隼平さんらによるライブも各所で開かれた。
【写真説明】北海道江差町から参加した「皐月蔵チャミセ」のブースでは、同町名産の料理や酒が並んだ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。