貴ノ花、二代目若乃花、隆の里…。大相撲で「土俵の鬼」として知られた初代若乃花(弘前市出身)と関取となったその弟子のうち、本県出身力士にスポットを当てた企画展「横綱初代若乃花が育てた力士たち」が、鯵ケ沢町本町の海の駅わんど鯵ケ沢相撲館で開かれている。初代若乃花をはじめ、横綱や大関などとして角界で活躍した名力士たちの、在りし日の姿がパネルなどで紹介されている。9月30日まで。入場無料。
 海の駅わんどの工藤一幸駅長は「初代若乃花が育てた関取のうち、本県出身力士だけを抽出した初の企画展。ぜひ見に来てほしい」と話している。
【写真説明】各力士の現役時代の勇姿を紹介している企画展。右は工藤駅長

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。