原子力規制委員会は6日、日本原燃の再処理工場とMOX(ウラン・プルトニウム混合酸化物)燃料工場、高レベル放射性廃棄物一時貯蔵施設(いずれも六ケ所村)の審査会合を開き、原燃が品質保証活動体制の改善策など一連の指摘事項について説明した。規制委側から特に異論はなく、合格証に当たる「審査書」案作成へ見通しがついた格好。雨水流入や点検漏れなど相次ぐトラブルで大幅に遅れた新規制基準への適合審査は、今後、各施設の設計および工事方法に関する認可(設工認)の審査へと軸足を移す。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。