旧優生保護法下で障害者らが不妊手術を強制されるなどした問題で、県は5日、148人が手術を強制されていたことを県の統計資料などで確認したと発表した。また、本人の同意を得た上での手術が183人に対して行われていたことが明らかになった。ただし、いずれについても個人を特定できる記載はなかった。県は同日付で今回の調査結果を国に報告したが、まだ調べ終えていない資料もあるため、調査は継続する。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。