東北森林管理局は5日、福島を除く東北5県のブナの2018年度の結実予測を発表した。今秋、本県では「並作」が見込まれる。豊作と並作の翌年はツキノワグマが活発に動き回る傾向があり、県は秋の調査結果を踏まえて19年に出没の注意報を発令するかどうかを判断する方針。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。