県警は4日、県発注の土地評価業務の指名競争入札に関する官製談合事件をめぐり、弘前市蔵主町の県中南地域県民局弘前合同庁舎を家宅捜索した。官製談合防止法違反などの疑いで逮捕された同県民局職員と不動産鑑定事務所2社の役員合わせて3人は同日、弘前署から青森地検へ送検された。県警は入札に参加した全10社での談合があったとみて捜査を進めているほか、同県民局職員が事前に10社へ根回ししたとの見方も浮上している。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。