飯詰村(現五所川原市)出身の方言詩人・木村助男が著述した津軽方言詩集「土筆(べべこ)」の朗読発表が6月30日、同市のエルムの街ショッピングセンター2階エルムホールであり、助男のおい・木村捷則さん(76)が、助男が残した言葉を自らの声で聴衆に伝えた。
【写真説明】養鶏を朗読する捷則さん(右)と発表を支えた(左から)弘前市のエッセイスト・片山良子さん、助男作品の愛好者である下川原久恭さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。