仙台国税局は2日、相続税や贈与税の算定基準となる2018年分の路線価(1月1日現在)を公表した。県内で路線価が最も高かったのは「青森市新町1丁目(新町通り)」の15万5000円で、3年連続同額。弘前税務署管内は「弘前市駅前3丁目(駅前商店街通り)」の8万7000円で、こちらも3年連続同額となった。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。