8月1日開幕の弘前ねぷたまつりまで1カ月となった。弘前市内では小屋掛け作業が目立ち始め、ねぷた絵師も急ピッチで制作作業を進めている。1日からは有料観覧席の前売り券販売も始まるなど、本番に向けてムードが徐々に高まっている。
 弘前観光コンベンション協会は1日、有料観覧席の販売を開始する。指定観覧席(いす席)は2000円で、桜大通り自由桟敷席は大人2000円、小中学生1000円。市立観光館やまちなか情報センター、チケットぴあなどで取り扱う。10人以上の団体予約は同協会で受け付ける。
 詳細は同協会のホームページで確認できる。問い合わせは同協会(電話0172―35―3131)へ。

 【写真説明】祭り本番に向け、勇壮な武者絵を仕上げる山本達扇さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。