太平洋クロマグロの大型魚(重さ30キロ以上)の漁獲規制が7月に始まることを受け、県は29日、第4管理期間(2018年7月~19年3月)に設定する県内沿岸漁業の漁獲量を325トンにすると明らかにした。県全体の漁獲量のうち承認漁業(はえ縄、一本釣り)を297・6トン、定置網漁業を27・4トンと設定。ただ、巻き網などの沖合漁業よりも漁獲量が大幅に少なく、漁業者からは不満の声が相次いだ。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。