県観光連盟とアスパムしんこう会主催の新企画のイベント「あおもり●(にぐ)フェス」が29日、青森市の県観光物産館アスパムで始まった。肉を自由にのせて作るオリジナル丼「●のっけ丼」や●屋台などが好評を博し、来場者が〝肉祭り〟を堪能した。7月1日まで。
 ●のっけ丼では、県産米「青天の霹靂(へきれき)」(200円)の上に豚ロースのごま味噌焼き(肉1枚・100円)や「やまざきポーク生姜焼き」(肉2枚・100円)などを好みでのせ思い思いに味わった。
 このほか、会場では青森シャモロック鍋(300円)や青森ワシントンホテルとコラボ企画した特製肉弁当「●あどはだり弁当」(税込み1600円)の限定販売などもあり、来場者が肉料理を堪能した。イベントの開催時間は午前10時~午後5時。最終日は午後3時まで。
【写真説明】来場者が自由に肉を選び、自分好みの丼に舌鼓を打ったあおもり●フェス
※●は肉に濁点

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。